Top

DeemS Documents
       DeemS ドキュメント

DeemSヘルプ » 便利な使い方 » 承認経路 »

1.稟議申請アプリ

分岐条件にしたい3つの条件をそれぞれkintone標準機能のIF関数で変換します。

設定例)稟議申請アプリ上に以下文字列フィールド(自動計算)を設置。

  - 条件①フィールド:申請区分が「新規」だったら1、「更新」だったら2

     IF( 申請区分 = “新規” , 1 , IF( 申請区分 = “更新” , 2 , “”))

  - 条件②フィールド:購入種類が「システム購入」だったら1、「物品購入」だったら2

     IF( 購入種類 = “システム購入” , 1 , IF( 購入種類 = “物品購入” , 2 , “”))

  - 条件③フィールド:金額が「10万円未満」だったら1、「10万円以上」だったら2

     IF( 金額 < 100000 , 1 , IF( 金額 >= 100000 , 2 , “”))

 ※ 条件①~③フィールドのフィールドは、条件_1、条件_2、条件_3

2.稟議申請アプリ

稟議申請アプリ上に以下文字列フィールド(自動計算)を設置します。

   - フィールド名・フィールドコード:WF条件分岐制御用 

   - 自動計算:条件_1 & “_” & 条件_2 & “_” & 条件_3

3.[DmS経路定義]アプリ

[DmS経路定義]アプリでそれぞれの経路レコードを作成します。

4.[DmSフォーム定義アプリ]

[DmSフォーム定義アプリ]の[4.申請経路を指定します。]で以下のように設定。

   設定例)

    - 経路条件式:===”1_1_1″

5.[DmSフォーム定義アプリ]

[5.申請元アプリのフィールドを設定します。]で[WF条件分岐制御用]フィールドに[経路条件]を指定します。

まとめ

3つ以上のフィールドの値を条件に、ワークフローを分岐できます。