Top

DeemS Documents
       DeemS ドキュメント

DeemSヘルプ » 管理者マニュアル »

タスク管理を有効化する事により、ワークフローの各Step毎に承認に必要なToDoやチェック項目などをタスクとして登録できます。

【注意事項】
  - カンバン表示を採用したタスク管理機能です。各Stepにタスクを追加できます。そのStepに紐づくすべてのタスクが完了すると承認操作が可能になります。
  - タスク自動登録は、1フォーム定義あたりタスクレコード数は100までです。
  - タスク自動登録を利用する場合は、1申請アプリにつき、フォーム定義(_kwf_データのフィールド)は19個以下を推奨します。
  - タスクレコードの登録でエラーが発生した場合、エラーメッセージをご確認の上、フォーム定義を修正してください。
   レコード詳細画面を再表示することで、タスク自動登録が再実行(リカバリー)されます。
  - プロセス管理の設定は、タスクアプリのプロセス管理をご確認ください。
   なお、プロセス管理のステータス文字列に数値を含めることによりタスク管理の進捗率%を表すことができます。

    数値が含まれない場合は、キャンセルとして扱います。
    例:「未処理(0%)」「完了(100%)」「キャンセル」

1.タスク管理機能を利用したい場合は、「タスク機能」の”有効”にチェック。

2.「タスクアプリID」にタスクアプリのアプリIDを入力。

3.タスクの自動登録機能を利用したい場合は、「タスク自動登録」の”有効”にチェック。

4.「タスク追加リスト」に自動登録したいタスクを入力。
 ターゲットStepNo:自動登録を適用したいDmS経路定義レコードの「承認StepNo」を入力。
  - タイトル:タスクのタイトルを入力。
  - 説明:タスクの説明を入力。
  ※ タイトルと説明はタスク一覧(カンバン方式)上に反映されます。