Top

DeemS Documents
       DeemS ドキュメント

DeemSヘルプ » 便利な使い方 » 運用(承認・取り下げ) »

⇒ 以下いずれかの方法により、承認後のレコードを取り下げる事が出来ます。

取り下げ依頼をワークフローにする場合

1.申請元(休暇申請)アプリ上に取り下げ依頼ワークフロー用のフィールド※を追加
 ※ 申請状態や申請・承認番号等

2.[DmSフォーム定義]アプリを開き、新たに取り下げ依頼ワークフロー用のフォームを作成

3.[適用条件の有効化]をする(AND、若しくはOR)を選択して、以下設定。
    - 適用条件フィールドコード:承認番号_1※
    ※ 休暇申請ワークフローの承認番号
    - 適用条件式:=== “”

4.[DmSフォーム定義]アプリを開き、休暇申請ワークフローのレコードを開く。

5.[フィールド定義を再取得]をクリック後、[5.申請元アプリのフィールドを設定します。]で
   取り下げ依頼ワークフロー用のフィールドの[承認後]のチェックを外す。

取り下げ依頼をフラグにする場合

1.申請元(休暇申請)アプリ上に取り下げフラグ用フィールド※を追加

※ 例.チェックボックス(フィールド名:承認結果を取り下げる、フィールドコード:取り下げフラグ)
※ 運用に合わせて、人事部門のみ編集可等制御して下さい。

2.[DmSフォーム定義]アプリを開き、休暇申請ワークフローのレコードを開く。

3.[フィールド定義を再取得]をクリック後、[5.申請元アプリのフィールドを設定します。]で
   上記1.で追加したフィールドの[承認後]のチェックを外す。

※ 一覧やグラフで承認後レコードのみにフィルタを掛けている場合は、上記取り消し済みレコードは除外して下さい。

まとめ

既にワークフロー上で承認された申請を申請者自身によって取り下げできます。