Top

DeemS Documents
       DeemS ドキュメント

DeemSヘルプ » 便利な使い方 » 運用(承認・取り下げ) »

⇒ いずれも処理ボタンをクリック⇒ 取り下げフラグフィールドの追加と、ワークフローの適用条件を設定する事により可能です。

1.申請元アプリを開く。

2.取り下げフラグ用のフィールドを設置。
 例)チェックボックスの場合
   - フィールド名:取り下げる場合はチェックして保存して下さい
   - フィールドコード:取り下げフラグ

3.[DmSフォーム定義]アプリで該当レコードを開く。
 
4.[フィールド定義を再取得]をクリック。
 
5.[3.ワークフローの適用条件を指定します。]の[適用条件の有効化]で
   [する(AND)]、若しくは[する(OR)]をチェック
 
6.サブテーブル上に以下設定。
   - フィールド名:取り下げる場合はチェックして保存して下さい
   - フィールドコード:取り下げフラグ
※ 取り下げフラグ用フィールドは、申請状態が差戻しの時のみ表示、編集できるようにカスタマイズするのを推奨します。
※ 当フラグによる取り下げは、申請者まで差し戻された場合のみ有効です。

まとめ

差し戻された後、却下や削除ではなく、申請者自身で申請自体を取り下げできます。